<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Pocommunity "The Pool" ポコミュニティー 「プール」
a0076458_1759923.jpgコメント

ぽこよのプールを作った人がいます! ジンキアの誰かではなくて、Minionionさんという方。単純に家のプールっていうのがうらやましい!!(笑)

他にも、ぽこ・カードやぽこ・車など、「ぽこよ何ちゃら」がZINKIAに送られてくるそう。もし、「ぽこ・フォト」を送りたければ、host@zinkia.comまで。

Pocommunity "The Pool"

ジンキア?って思ったら、「ぽこよ翻訳メモ」
[PR]
by transworldcafe | 2006-09-26 00:00 | その他
Elly vs KingKong! えりー対キングコング!
a0076458_1312262.jpgコメント

えりーがキングコング映画に出演!だって(笑)。で、やっぱり出演したいぽこよとぱともちょっと出ていて…。

Elly vs KingKong!
[PR]
by transworldcafe | 2006-09-22 00:00 | お遊び画像
Pocosurprise III ぽこよサプライズ3
a0076458_2142750.jpgコメント

お話の中で使われる曲が聞けます。56話の一部だそう。イギリスでは、クリスマスまで見れないと書いてあるので、日本ではいつくらいに見れるのかなあ?

キャラ作りと同様、音楽にも力を入れているんだとか。

ダウンロード doll_theme.mp3

Pocosurprise III
[PR]
by transworldcafe | 2006-09-18 00:00 | 音楽
Arabic Pocoyo! アラビアンぽこよ!
a0076458_23261176.jpgコメント

ブログのアラビア語バージョンができたようです! http://www.pocoyo.net/

Keiさん作で、題にKei最高!って書いてある。Atzumiが作っているようにって…。ま、読めるね、そう書く国もあるよきっと、スペインとかw。ブログの内容を伝える責任かあ~。そりゃそうだけど、これ趣味のブログだしなあ。まあ~、マイペースでやらせていただきます。

それにしても、アラビア版かわいいブログ。いいなあ~。ここもかわいくしたいけど、PC音痴な私には到底できないわ。元ブログもかわいく変身したというのに…。

Arabic Pocoyo!, Kei you rocks!
[PR]
by transworldcafe | 2006-09-12 00:00 | その他
Pocoyo Old and New: ぽこよ新旧バージョン
a0076458_1951194.jpgコメント

とりあえず、ざっとメインキャラのできるまでをブログで紹介したということで、元のデザインと今テレビで放映しているのを画像で比較しています。一目瞭然ね。ちょっとした変化なんだけれど、そこにたどりつくまでにはいろんな人の慎重な共同作業があったのが、ブログでちょっと垣間見れました。

すりーぴーは、最初から完璧だったそうな(笑)。

Pocoyo Old and New
[PR]
by transworldcafe | 2006-09-08 00:00 | 制作秘話
The Truth about Pato (II) ぱとの真実2
a0076458_18482872.jpg要約

 まず、ぱとの真実1を読んでください。

 その夜、Novel(イギリスの内容に関する責任者)と話した後、僕たちは落胆した。ぱとは死んでしまった。信じられない…、僕たちのかわいいぱと。

 新しいデザインも、僕たちの訴えも彼らを説得できなかった。次の日、彼らはロンドンからマドリッドに来て、キャラクターや話において番組の方針を伝えに来ると言う。あまり、彼らとのミーティングは好きじゃなかった。共通点がなく、僕たちは昼と夜のようなものだった。

 ここで少し、僕たちが抱えていた不満を解説しておく。共同作業の段階に来て、彼らは僕たちが売った「ぽこよ」を望んでいないことが分かった。ぱとのことだけでなく、違うビジョンを持っていた。僕たちが製作総指揮の意見を聞かなければ、彼らは去ってしまうだろう。でも、新しいパートナーを探す気力もないし…と思っていたら、数ヵ月後にアン・ブローガンがグラナダに来てプロジェクトを受け継いだ。彼女は「ぽこよ」は特別だと思い、最初からやり直し、正しい形に戻ったのだ。これは、また他の時に話そう。

 ぱとに話を戻そう。ぱとは死んだのだ、その夜、ギレルモと僕は次の日のミーティングに備えて夜遅くまでオフィスにいて、あることが起こった。

 翌朝10時、ロンドンから2人訪ねてきた。ベートーベンの葬送行進曲が流れてきそうな、どんよりとした雨の日で、ミーティング・テーブルの上には木の箱があった。
「ミーティングの前に、ぱとの死に1分間黙祷をささげます。ぱとの体はその箱の中に…」と僕は始めた。
「ぱとは死ぬ前に私たちにサプライズを残しました。それは…、ぱとの息子です!」
昨夜できた新しいぱとのスケッチをたくさん広げた。もっと小さくて、ぽっちゃりしていて、黒の代わりに緑の帽子、オレンジ色の足。ぱとの息子は、最高だった。彼らはこれも拒否するのか?

 いや、彼らはぱとの息子を気に入った。ここで言いたいのは、最大の危機はチャンスでもあると。僕たちは極限まで追い詰められたからこそ、以前のぱとよりも優れたものができた。僕たちがこの番組を「僕たちのものだ」と感じたいと思うほどに、僕たちを違った形で理解してくれ、彼らがしたように僕たちをより物事を見させてくれ、より良い制作者にしてくれる。最後に僕たちは自分達の思い通りになった。困難な決定をくだすときには、これが一番大切なことなんだ。

**出てくる名前が、誰? 何? と思ったら、ぽこよ翻訳メモを参考にしてみてください。

The Truth about Pato (II)
[PR]
by transworldcafe | 2006-09-04 00:00 | 制作秘話
Robocopocoyo ロボコッポコヨ
a0076458_10443445.jpgコメント

めっちゃ、うけました(^▽^)。秘密になっていた、ぽこよの双子だって(笑)。

Robocopocoyo
[PR]
by transworldcafe | 2006-09-01 00:00 | お遊び画像