<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Why Pocoyo? どうして、ぽこよ?
a0076458_18243916.jpg要約
 正確には、Pocoyoはスペイン語で「Little me(小さな私)」の意味じゃない。本当の翻訳は「not much me(少ない私)」や「a little bit me(ちょっとの私)」になるだろうけど、実際のところスペイン語にも英語にもない言葉だ。でも、この名前には、とてもうっとりするような由来があるんだ(特に僕にはね…)。

 僕たちが番組を手がけ始めた頃、2歳だった娘のベガは寝る前に毎晩お祈りをしていた。
「baby Jesus light of my life, you are a child like me」(スペイン語では、Jesusito de mi vida, tú eres niño como yo) ちゃんとしゃべることができなかったので、「Like me(私のように)」の意味になる「como yo(コモ ヨ)」を「poco yo(ポコ ヨ)」と言っていた。

 この年齢の子どもが言うおかしな言葉は、誰でも好きだ。でも、これは番組の名前にすごくいいと思い、 みんなを説得した。番組タイトルやキャラの名前としてみんなの心に残り、多くの国で見られて、ブランド名になるかと思うと最高だ。その名前が、子供の間違えた言葉から生まれて…、しかも僕の娘の言葉だからね!

Why Pocoyo?
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-26 00:00 | 制作秘話
ぽこよ翻訳メモ
注:これは元ブログの記事ではありません。

翻訳をしていると、誰?とか何?とかよくあります。私が検索した内容やサイトをここに載せますので、よかったら参考にしてください。常に新しい内容を追加していく予定です。

a0076458_123474.gifジンキア・エンターテイメント
「ぽこよ」を作っているスペイン・マドリッドが拠点の会社。2001年、ホセ・マリア・カスティリェホ(社長), デヴィッド・カントーラ (CEO) 、 コールマン・ロペス (CTO)の3人により設立された。

a0076458_1233716.gifグラナダ・インターナショナル
イギリス最大の民放ネットワークITV傘下にある、ヨーロッパ最大級の規模と実績を誇る映像コンテンツ配給会社。ジンキアと「ぽこよ」を共同プロデュースしている。

用語
CEO 最高経営責任者
CTO 最高技術責任者
XSI アビッドテクノロジーの3Dアニメ製作ソフト。http://www.softimage.jp/

ジンキア・スタッフの名前
日本語版
英語版

専門用語のサイト
アスキーデジタル用語辞典
Blender辞典

参考にさせていただいたサイト
MIPTVとは?
2006年アヌシー国際アニメーションフェスティバル受賞作と歴代短編アニメベスト100
BSファン倶楽部コラム『シャーロック・ホームズの冒険』(グラナダについて)
Zinkia Entertainment Adopts XSI
SoftimageXSI道場レンダー記事

ぽこよHP
Pocoyo Official HP
CITV Pocoyo website
WOWOWぽこよのサイト
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-21 19:16 | その他
Pococuriosities: Patovehicle ぽこよ好奇心:ぱとの乗り物
a0076458_156721.jpgコメント
 ぱとの乗り物はスケボーですが、他にも乗り物を考えていたそうです。赤いターボコプター。カントーラさんは、将来使おうかなあと言ってます。

 かわいいから、見てみたいな~。CGアニメと言っても、やっぱり誰かが構想練って、絵の具か何かで描いているようですね。

Pococuriosities: Patovehicle
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-21 00:00 | 乗り物
Social Responsibilities - Alimentation 社会的責任-「食」
a0076458_9431288.jpg要約
 「ぽこよ」と共に歩む僕たちは、各エピソードが持つ影響力やキャラクター達の行動を教育的観点から検討している。プロの協力を得て、慎重にやっている。しかし、話が進むにつれて明らかになったことがある。特定のエピソードに限ったことではなく、シリーズ全体として見たときの重要な問題だ。この20年間で、子供の肥満が異常なほど増えている。特に先進国に多く、ほとんど体を動かさず、栄養が偏っている生活のためだ。10才以下の子供達のうち15%以上が肥満児だという研究結果が出ている。グラナダやジンキア、脚本家、クリエイター、監督達は、何が大切か伝えたい。ファースト・シーズは間違いではないけれど、セカンド・シーズンでは少し手を加えるを決心した。

 自分達ができることは限られているけれど、話にはケーキやお菓子が時々出てきた。でも、セカンド・シーズンの10話から、それらは見られなくなる。これから、ぽこよはアイスを食べないし、ぱとはフルーツだけ食べる。僕たちが行き過ぎた態度に出たように見えるだろう。アイスひとつが害になるわけでもないし、このアクションによって話の内容的に自分達も制約される。でも、この前向きな変更が子供達に影響を与えることもあり得る。子供がキャラクターの食行動を真似るなら意味があると思うんだけど…、どう思う?(手始めにHP のおかしやご馳走を消さなくちゃ)

Social Responsibilities - Alimentation

[PR]
by transworldcafe | 2006-07-19 00:00 | その他
GENESIS (IV) 起源4
a0076458_072345.jpg要約
  始めに、「起源」のを読んでください。

 3Dのキャラクターができてからすぐ、僕たちは最初のパイロット版を作った。それを、MIPTV(テレビ番組国際見本市)で売るためにカンヌへ持っていった。ライトウェーブを使って1ヶ月で作り(現在のシリーズはXSIで作っている)、白い背景を使うアイデアだったが、もっと強い印象を与え、もっと売るために海の背景にした。(しかし、これは大きな間違いだった。このことは、「The background Issue」で話すよ)

 ここで、最初のアニマティックとパイロット版を見せるよ。初期のキャラクター・デザインが見られるよ(ダウンロードに時間がかかるけど)。パイロット版では、ぱとのお父さんが見られるし、親達がつまらないと言った音楽も聴ける。見本市でこれを見せた人たちには好評だった。でも、一緒に働きたいと熱心に言ったのは、CITVのスティーヴン・アンドリュー、エマニュエル・Namiech、カールトンの人達、そしてグラナダ・キッズのアン・ブローガンだった。彼らは、契約書にサインをして、「ぽこよ」を起動させようと考えていた。

最初に作ったアニマティック
Download First_Pocoyo_Animatic.mov (3 mb)

パイロット版
セリフは、「ぽこよとダッキーが船に乗っています」「ぽこよ何か見えた?」「ダッキーはあまりボートが好きじゃないようね」 そして、魚を1匹、2匹と数える。
Download First_Pocoyo_Pilot.mov (8 mb)

コメント
 「ダッキー?」「ぱとのお父さん?」と思った方は、「ぱとの真実1」も読んでください。それにしても、数を数えたりして、最初は超教育番組的な流れだったんですね~。

GENESIS (IV)
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-15 00:00 | 制作秘話
Pocoyo blog in Japanese  日本語版ぽこよブログ
a0076458_22252370.jpgコメント
 え~…。このブログのことが元ブログに載りました!
:*.;".*・;・;・:\(*^▽^*)/:・;・;・*.";.*: ワーイ♪

 記事を見た日は夢を見ているような気がして、何も手に付きませんでした。が、今日から、また、気を引き締めてがんばりますので、よろしくお願いします。

 記事の内容は、オフィシャル・ブログの日本語版ができているということと、mixiに「ぽこよ」コミュがあるということです。でもって、タイトルには(あつみ、最高!)と書いてありますが、それは私のことでございます…ヒャッホウ!(笑)

 今日は、ついでに元ブログに載った経緯など…。

 今年5月、WOWOWでの放送を見て、一瞬にして「ぽこよ」のファンになってしまった私。最初は日本人が作ったのかと思って調べてみたら、ジンキアというスペインの会社だと知り、いろいろ調べるうちにオフィシャル・ブログに出会った。

 好きなものはとことん語ったり、盛り上がったりしたい性分。mixiでコミュニティがあるか調べたら…、なかったorz。「作ろう」と思ったとき、果たして画像をオフィシャルHPやブログからひっぱってきていいものかどうか迷った。そして、バカ正直な私はジンキアにメールでお伺いを立てる。

 その時、私は「ぽこよ」で感動したことを一生懸命書いた。それが伝わったようで、翌日、カントーラさんから直々に返事をもらった。その時点で、「ぽこよ作ってる人からメールもらったよ!」と舞い上がっていたわけだけれど、その後何回かメールのやりとりをすることになりました。

 「日本での反応は、どう?」と度々聞かれます。日本のアニメ文化に傾倒し、日本で成功するかどうか気が気でない様子。だから、元ブログやこのブログなどで意見やコメントを日本人がどんどん書いてくれたら、きっと彼もジンキアもとても嬉しいと思います。

Pocoyo blog in Japanese (Atsumi, you are the best!!)
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-10 00:00 | その他
Pocoyo Awards III(El chupete) ぽこよの賞3(エル・チュペテ)
a0076458_1782827.jpgコメント
 「エル・チュペテ(おしゃぶり)」フェスで、またも「ぽこよ」が賞を取ったそうです。これは、アニメ・フェスではなく、子供の番組や本のフェスだそう。獲得したのは、最優秀ベスト・キャラクター&ペット賞。

 実は、ぽこよ自身のおしゃぶりに関していろいろとあったようで、「おしゃぶり」賞をもらうのはなんともおもしろいことだそう。今度の「the"boy"ぽこよ2」で、おしゃぶりにのことが明らかになるようです。

Pocoyo Awards III(El chupete)
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-07 00:00 | ぽこよの賞
Pocoyo Opening MP3 to Jillie and friends! ぽこよオープニングテーマMP3
a0076458_912871.jpgコメント
 ぽこよのオープニング・テーマをMP3でダウンロードできます! 元ブログ・タイトル中のJillieとは、「ぽこよサプライズ2」の着信音設定に苦労していると、コメントに書いていた女性の名前です。世界共通の悩みだわ…。

 彼女は「PCからの音楽で、11ヶ月の娘が踊っているの!」なんて書いています。赤ちゃんが「ぽこよ」で踊っていたら、か~わいいんだろ~な~!

オープニング・テーマが聞けます。ダウンロードもどうぞ。
opening_pocoyo.mp3 (626 Kb)


Pocoyo Opening MP3 to Jillie and friends!
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-07 00:00 | 音楽
Pocoyo World Cup ぽこよワールドカップ
a0076458_1881945.jpgコメント
 この数週間、ジンキアではワールドカップを一緒に見て楽しんでいたようですが、準決勝の前にスペインがいなくなって楽しみが終わってしまったと残念がっています。サッカー好きのために、「ぽこよワールドカップ2006」というお遊びポスターを作ってくれたようですよ。

 元ネタは、あるのかなあ? あるなら、見てみたい。

Pocoyo World Cup
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-03 00:00 | お遊び画像