<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Fake Contest III 偽物コンテスト3
a0076458_22313192.jpgコメント
 ワールドカップ・イングランドのユニフォームを着ているバージョン。

Fake Contest III
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-30 00:00 | その他
Fake Contest II 偽物コンテスト2
a0076458_8574954.jpgコメント
 これは、タオルの模様だそう。アップリケ(ワッペン)ぽい??

Fake Contest II
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-30 00:00 | その他
Fake Contest I 偽物コンテスト1
a0076458_8533046.jpg要約
 ぽこよと仲間たちのイミテーション・コンテストへようこそ! このコンテストへの参加資格がある物は、僕たちの許可なしに売られている商品です! そして、あまりに似ていなくて、笑ってしまう物であること! (もし、偽物を見つけたら僕たちに教えてください。よろしくお願いします。)

Fake Contest I
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-30 00:00 | その他
Pocoyo Awards! ぽこよの賞
a0076458_9134932.jpgコメント
 「ぽこよ」が、アニメや子供番組の賞を取りました。おめでとう!

Pocoyo Awards!
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-26 00:00 | ぽこよの賞
Pococuriosities: Sleepy Bird I ぽこよ好奇心:すりーぴー1
a0076458_912011.jpgコメント
 最初は、Lazy Birdと呼ぼうかと思っていたそうです。だったら、日本名は「れいじー」か…? でも、ちょっと大人っぽい響きだったのと、別にlazy(怠け者)なのではなく、ただいつも寝ているだけだったので、Sleepy Birdに決定したそうです。

 ジンキアではPajarotoと呼んでいるらしい。実は、2002年からジンキアにいるMarotoというスタッフの似顔絵が元になっているんだとか! 元のブログに行くと実際の彼を見れますが、本当に特徴がとらえられていて思わず笑ってしまいました(あ、失礼、失礼)。

 画像の前がMarotoさんで、小さく後ろにいるのがその似顔絵を描いた監督のギレルモさん。

Pococuriosities: Sleepy Bird I
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-26 00:00 | 制作秘話
The Boy: Pocoyo evolution (I) The Boy:ぽこよの進化1
a0076458_920314.jpg要約
 最初、ぽこよをただ“The Boy”と呼んでいた。「男の子」と、だけ。具体的なアイデアはなかったけれど、怒ったり、笑ったり、好奇心旺盛で、何をするか分からない子供らしい子供にしたかった。 いつもハッピーで、おしゃべりして、とてもかわいい声の「本物の男の子」だ。

 最初のスケッチを見ると、今のぽこよによくなったもんだ! 画像(fig.1)には髪の毛と眉毛がある。おしゃぶりも。スタッフはこのおしゃぶりがとても好きだったけれど、キャラがしゃべるしゃべらないなどを考えなければならなかった。

 画像(Fig.2)では、ヘルメットをかぶっている。最初は鍋のようなもので、後にぽこよの独特な帽子に決定。 前にボタンのあるベビー服のようなものも着せた。

 画像(Fig.3) ははは、これかい? これから始まったなんて、自分達でもおかしいよ。ヘルメットから帽子にして、画像(Fig.4)の3Dモデルを作った。 試行錯誤に1年以上かけて、僕たちは、ぽこよになる男の子のイメージを得た。

The Boy: Pocoyo evolution (I)
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-24 00:00 | 制作秘話
Pocoyo Shopping - Warning! ぽこよショッピングの注意
a0076458_9253399.jpgコメント
 ぽこよのおもちゃを売っているネットショップで、オフィシャルでないお店が2倍ほどの高値で売っているから気をつけてくださいという内容。ただ、オフィシャルのバンダイUKは、日本向けに売っていないようで、日本人としては早く日本のバンダイにがんばってほしい。

このサイトは注意。
http://www.pocoyotoys.com/shop3.html offer products almost 100% more

このサイトは大丈夫。
http://www.1stfortoys.co.uk/
http://www.bandai.co.uk/brand-home.aspx?BR_ID=11.

 くれぐれも、気をつけてショッピングを楽しんでください。

Pocoyo Shopping - Warning!
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-19 00:00 | グッズ
Zinkia's Set! ジンキアのセット!
a0076458_9272530.jpgコメント
 ジンキアのセットで、ぽこよたちが台本を読んでいるところと紹介されていますが…。これは、クリエイターのジョークですよね?? それにしては、うまくできてるなって感心しました。

Zinkia's Set!
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-15 00:00 | お遊び画像
Genesis II 起源2
a0076458_9351186.jpg要約
 さあ、仕事をするか。世界を変えたいけど、どこから始めたらいいんだ? 息の長いものを作ろう。でも、何を? 映画か、テレビ番組か? ターゲットは? どんなものにする? 人形、粘土細工、アニメ? どうやって売る? どこで売る? どれくらいの価値になるんだろう? どれくらいだったらいいんだ? 次から次へとこんな疑問が…。
 
 ある朝、ルイス・ギャレゴに会いに行った。コールマン・ロペス(CTO)と一緒に3Dモデル、グローバルイルミネーションの新しいシステムに取り組んでいた。コールマンは「アーノルド」のレンダーを研究していて、ルイスは3Dソフトのライトウェーブで同じようなことができないか試していた。僕はルイスのスクリーンにあったものを見た。

(画像)

 イルミネーションのこの手法について聞いたことがなかったし、こんな質感や動きをテレビや映画で見たことがなかった。粘土細工のように見えたけど、違った。興奮に満ちたこの瞬間を覚えている。僕たちが探求するべきものはこれだと思った。

 いかにジンキアがこうした作品に行き着いたかを理解するために、当時アニメ経験が少なかった僕たちの立場に立ってほしい。まず、3D 映画より3D番組のほうが実現可能だった。技術的な観点から、シーン、カメラの動き、小道具やキャラクターを少なくする必要があった。この時、2Dの「シュリケン・スクール」を始めたが、昔ながらのアニメ・スタジオを作っても、コスト競争で中国や韓国と張り合うことに意味はない。でも、3Dアニメ・ファクトリーなら話は違ってくる。

 第二に、少ない費用で今までに見たことのない新しいものを提供できる。市場に出回っている商品と一線を画し、自分達を特徴付けられる。これは、ダーウィン・スタイルであり、突然変異であり、生き残るための差別化となる。第三に、これは一番大事なことだけど、僕たちはリスクを覚悟していた。子供達のためにやっているのだから、もしうまくいかなくても少なくとも自分達を誇りに思える。もし、うまくいったら………、そう、うまくいった。

Genesis II
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-14 00:00 | 制作秘話
Pococuriosities: Elly I ぽこよ好奇心:えりー 1
a0076458_9515316.jpgコメント
 昔のえりーは、爪や牙、とがったしっぽがあって、名前もElefantaだった。おもちゃを作るために、爪、牙、しっぽを取り除いて、今のようなかわいいえりーになったんだとか。

 よかった…。だって、爪と牙のあるえりーって怖すぎる。

Pococuriosities: Elly I
[PR]
by transworldcafe | 2006-05-08 00:00 | 制作秘話