GENESIS (IV) 起源4
a0076458_072345.jpg要約
  始めに、「起源」のを読んでください。

 3Dのキャラクターができてからすぐ、僕たちは最初のパイロット版を作った。それを、MIPTV(テレビ番組国際見本市)で売るためにカンヌへ持っていった。ライトウェーブを使って1ヶ月で作り(現在のシリーズはXSIで作っている)、白い背景を使うアイデアだったが、もっと強い印象を与え、もっと売るために海の背景にした。(しかし、これは大きな間違いだった。このことは、「The background Issue」で話すよ)

 ここで、最初のアニマティックとパイロット版を見せるよ。初期のキャラクター・デザインが見られるよ(ダウンロードに時間がかかるけど)。パイロット版では、ぱとのお父さんが見られるし、親達がつまらないと言った音楽も聴ける。見本市でこれを見せた人たちには好評だった。でも、一緒に働きたいと熱心に言ったのは、CITVのスティーヴン・アンドリュー、エマニュエル・Namiech、カールトンの人達、そしてグラナダ・キッズのアン・ブローガンだった。彼らは、契約書にサインをして、「ぽこよ」を起動させようと考えていた。

最初に作ったアニマティック
Download First_Pocoyo_Animatic.mov (3 mb)

パイロット版
セリフは、「ぽこよとダッキーが船に乗っています」「ぽこよ何か見えた?」「ダッキーはあまりボートが好きじゃないようね」 そして、魚を1匹、2匹と数える。
Download First_Pocoyo_Pilot.mov (8 mb)

コメント
 「ダッキー?」「ぱとのお父さん?」と思った方は、「ぱとの真実1」も読んでください。それにしても、数を数えたりして、最初は超教育番組的な流れだったんですね~。

GENESIS (IV)
[PR]
by transworldcafe | 2006-07-15 00:00 | 制作秘話
<< Social Responsi... Pocoyo blog in ... >>